思い出せない

と驚喜しつつそうリアクションするわたしに、
いや、それは売り物って言うよりも、出来ればこのぼくに・・・、あなた宛にプレゼントさせてくれませんか?
なんか自分、勝手に作っちゃったもんですから、あなたの許可もなしに。
あの、いや、もし・・・、よかったらでいいんですが?」
えっ?
こ、このわ、わたしに?
ほ、本当に?」
なんかもうタイミングを逃しちゃったっていうか、もうこのまま話す必要もないんじゃないか?なんて勝手に思っちゃってたもんだから」
あ。

そ、そうなんだ。
で、ヒカルさんって・・・、それってやっぱお母さんがあの・・・、俺が中学の時に出てった、あの時に産んだ子供ってこと?」
・・・。
うん。
そうね。
あの頃はあたしもどうかしててねぇ、まあ当時はアンタのお父さんにもね」
お、お父さんって?」
うん・・・。

お父さんにも当時、あたし以外に他にオンナの人がいてね」
ええ?
そ、そうだったの?」
と自分の父親の浮気話までもがいきなりの初耳で・・・、と、さらにその動揺を加速させるホンジョウ。
うん。
お父さんもね・・・、そのオンナの人との間に子供が出来ちゃって。
ああ、それはあたしが出て行く前の話なんだけど」
はあ?」
い、いや、ちょ、ちょっと、それって・・・。
いきなり追加でもうひとり弟か妹がいるってこと?

って、ど、どうなってるんだこの家庭は?

そう、オンナの子で名前は・・・、何だっけ?
ちょっと今は思い出せないんだけど、そう、すごく優秀な子でなんでも東大卒業したって聞いたよ」
いや、東大はいいんだけどさあ。
そ、それで・・・、それでその仕返しに、お、お母さんもってこと?」
ああ。

まあ父さんは真面目な人だったから、多分魔が差したのね。
そのオンナの人ってのは父さんが昔つき合ってた彼女だったらしくて、官僚かなんかの・・・、また真面目で優秀な人と結婚したらしくて。
でもどうも子供には恵まれなかったみたいでね。
それからどうも、なんのはずみだったかその後にお父さんとの間で、たった1度だけ過ちがあったらしくて。
それでまたいきなりその娘が出来ちゃったみたいなんだけど。
まあ、彼女にしてみればどうしてもその娘を産みたかったんだろうね。

そう父さんに言ってたらしくって。
それからそのまま向こうの旦那さんはそれを知らないままにその娘を育てたって。
お父さんがわざわざそうあたしに謝ってきて。
それをまた、そんなことお父さんもあたしに言わなきゃそれで済んだものを。
あたしもその時は凄いショックで。
いきなりそんなこと聞かされて、なんか気が動転しちゃってたのね。
それからすぐ、あたしもいきなり家を出ちゃったのよ」

顔を見回し

へえ~、あたし一度でいいから探偵ってやってみたかったんですよねえ。
面白そうだなあ?探偵って。
でもやっぱり大変なんですよねえ?探偵さんの仕事って」
と今度はモトコがカウンターに乗り出すようにしてイナガキにそう尋ねる。

いやあ、最近は浮気の調査とかばっかりでね。
まあ、体力さえあれば誰にでも出来ますよ」
とイナガキは半分照れたような笑顔でそう答えると、なんと彼はいきなり、
そうだ、一度やってみますか?
ウチの事務所で」
とお気軽な口調でそうモトコを誘ってくる。

ええ?嘘。
本当ですか?って、いきなりは無理でしょう?
で、でもなんか???、やれるんだったらなんかちょっと楽しそうかも」
とモトコはどうやらマジでその気になっている樓宇二按

すると今度はホンジョウが何を思ったか、
そうだ、ここで会ったのもなんかの縁って言うでしょう?
ここはひとつ、みなさんで『面白い芝居を演じてみる』ってのはどうでしょう?」
と全員の顔を見回し、得意そうな笑顔でそんな変なことを言い始めた。
と言って俺はボストンでのユリエに関する大まかなストーリー???、そしてその後にウエスティンでモトコが俺に話したSF陰謀論まがいな話、及びその後に俺らがめでたく?とは言い難い形で結ばれるまでのいきさつをなるべくわかり易い表現に変換しつつホンジョウに語って聴かせた。

ただしその時俺は、ユリエとモトコに共通だった例のアンドロギュノス(両性具有)に関する部分とそれゆえの特殊極まりない俺と彼女らとの結合?の部分に関してはあえて話すのを控えることにした心跳錶
と言うのも???、その部分だけは相手が親友とは言えさすがの俺も語るに憚ったと言うか、なけなしのプライドに関わったと言うか、ひと言ではうまく説明出来ないのだが、そのこと自体がつまり???あまり笑い話にするようなエピソードではない?なんてまあその時の俺は勝手にそう思っていたからであった。

それにしても不思議だったのは、ユリエと俺とのその一件に関し、この俺がいとも簡単にすんなりとあのモトコには話せたと言う事実だった。

あの夜の俺は確かにどうかしてたのかもしれない。
なんて俺は改めて自分に言い聞かせる。

いやあ、それはまたなんと言うか??、すごい話だねえ」
とホンジョウは感心したようにうなずきながらも、
それでオマエまさか???、そのモトコとか言うオンナの言ってたこと、まともに信じたわけじゃあないよね?」
と興味深げに訊いてき側睡枕頭 た。

なことも言っ

そう言えば、けっこう古い感じですものねえ、このお店」
彼の入れたアーリータイムズのボトルがどっかにあるって聞いたんだけど~?
さっきから見てるんだけど、どこにもないんだよね」
とマキは店内中をキョロキョロと見回している廚師招聘
すると勘違いしたようにサラリーマン風のオヤジが自分を見ていると思ったのか?マキに向かって微笑んだのだがマキは無視した。
訊いてみたらどうですか?
バーテンさんに」
いいよ。
そう言うの訊くのダサイから。
ああ、ボトルって言えば、石原裕次郎オールドパーのボトルは赤坂東急のバーにあるんだっけか?」
ってそれ、かなりどうでもいいし」
とヒカルさんは小声でつぶやく。

ねえ、ヒカルさん?
やっぱ話、戻して悪いんだけどさあ・・・、ホンジョウさんとミクさんのこと、本当に気にならないの?」
とマキはやはりどうしてもその話題に固執しているようだ。
そりゃあ、まあ。
もちろん多少は気になりますけど。
わたしは・・・、そう、好きな人には好きにやっててほしいって言うか。
基本恋愛関係って言うのは自由なものだから。
そう思ってて」
とヒカルさんは相変わらずクールで素っ気ない、特にその件に関してはBBA 雙學位
自由って言ったって、ヒカルさんが今ホンジョウさんとつき合うってことにしちゃえばね、彼だってもう・・・ミクさんのことも忘れられるかもしれないじゃない?」
とマキは人ごとだと言うのにやけに剥きになっている。
そういう駆け引きにはわたし、興味がないだけ。
ねえ?
でもなんか、変じゃないですか?
前にわたしが彼とのことでちょっと悩んでる?ってマキさんに訊かれた時、『なるようにしかならないのよ、オトコとオンナなんて』って、そう言ってたのはマキさんですよ」
ああ。
まあ、そんなことも言ったかもしれないけど・・・、あの時とは状況がちがうでしょう?
今はあのミクってオンナがこのトウキョウに来てるのよ。
今日なんてもう、ずっとホンジョウさんの横に引っ付いちゃってさあ」
そりゃあまあ、めったに来ないわけだし、しょうがないんじゃないかなあ?」
とヒカルさんはまたもそうあっさり言う。
ねえ。
ヒカルさんって、ちょっとは妬けたりしないわけ?」
とマキはそんなヒカルさんがじれったいようだ。
わたしね・・・、マキさんになるようにしかならないってサラって言われた時、目から鱗だったって言うか。
本当そうだよなあって心から思ったんですよ。
人ってなんで、意味もない先のことの心配や不安なんかで悩んじゃったりしちゃうんだろうって。
ましてやそんなのを癒すのが自分の仕事だって言うのに、自分がそこにはまちゃっててどうするんだろうってね。
わたしもね、ちょっと恋愛は久しぶりだったから、ちょっと油断しちゃったのかなって?
それにわたしの元々の悩みは、クライアントであるホンジョウさんを好きになった自分のモラルに対するものだったわけで・・・、まあ、それでホンジョウさんがミクさんと復活すれば、それはそれでわたしもきっぱりと諦めがつくって言うか。
ホッとするって言うか」
わ~、そう言うのって偽善ぽ~い支付寶 香港

自分は恋愛と言

ましてやヒーラーとクライアントとの関係性が、些細な#333333 ひと言をより過剰なものとしてしまうと言う事実についてもヒカルは十分すぎるほど理解していたはずだった。
ホンジョウが再会したと言う以前愛していたカノジョ(ニカイドウミク)に関する相談をはぐらかすかのようにしてヒカルはその言葉を発したのだ。
ホンジョウがその行間を読むことをヒカルが期待し、その言葉を吐いた?そんな憶測なら仮に誰かがその会話をその場で聞いていたならいとも簡単に出来たたぐいのものだったにちがいない。
いやそんなタイミングや微妙なニュアンスのことはむしろ二の次だった。
根本的な問題は、その文脈におけるそのセンテンスの意味付けに関する問題だろう。
ホンジョウナオキは多くの女性遍歴を持ち、その中でひとりだけ忘れられなかった(再会した)カノジョの存在を意識しつつも、その誰ひとりに対してさえ自分の中で確信できるレベルのコミットメントを持つことができなかった。
そして今後も自分はそれを持てないのではないか?と彼はヒカルに言った。
そのタイミングでヒカルが、「彼の過去世における母であり、彼を捨てた・・・」と言ったということは、そこで何を意味するか?

答えはシンプルだ。
ホンジョウナオキにとっての全ての女性関係における根本の問題はヒカルだった』

つまりヒカルの存在は、彼の今世における全ての女性関係の上位概念として位置している。
そしてそれは、彼の今世においても今後変わるようなレベルのものではない。
と言うことはつまり、もし仮に彼が今後ひとりだけ、彼にとっ沽空比率ての特別な女性を選ぶのだとするならば、それはまさに「ヒカル以外にはいない」。
はっきりとそう彼に伝達しようとしていたのではなかったか?
しかもそれをカウンセリングと言う、彼がもっとも不安定な心の状態の時にヒカルはそれを刷り込んだのだ。
それはまさに自分のエゴによるマインドコントロール
洗脳行為に他ならなかったのではないか?
そんな自分をヒカルはヒーラーとして許せなかった。
そしてそれはまた、現在の自分のプロとしての未熟さをまさに象徴している、そう自分を卑下する以外にどうしようもなかった。
なんと言うていたらく。

しかしそう考える一方でヒカルは、そもそも自分は恋愛と言うものをいささか大それたものとして考え過ぎなのではないか?そう思わないでもなかった。
つまりそれは、自分がヒーラーとしてどうこうと言った以前の問題としてである。
そしてそれは、シンプルにリュウイチのことで自分で自分を責めているだけのことなのではないか?
ホンジョウはもちろんリュウイチではないし、自分の親友の大切な人?と言うわけでもない。
クライアントであると言う障害(もちろんそれは、とんでもない障害とも言えるのだが)を理由に、新たな恋愛に踏み込めない自分をただそうやって正当化しているだけなのではないか?

ここにきてまた自分は・・・、自分をただ正当化して逃げているだけなのではないか?と。
「ちょっと悲しいけど、なんかいい話ね。
でもやっぱそのミカリンさんって・・・、ヒカルさんのことがすごく好き大腸癌口服標靶藥だったんだね」
と、それからワカバヤシマキはヒカルの話の途中で注文し飲みかけだったモヒートを一気に飲み干し、
マスター、もう一杯。
このグラスでいいからモヒート。
ミントもこのままでいいよ、まだ味するから」
と言った。

心情は理解でき

湯本蓮との関わりは特になく、兄弟だと感付いている節はない。』
雨宮葉月と口論になり、須藤歩を突き飛ばし、ヨシュア:レイリーに殴り掛かるも、翌日須藤歩には自ら謝罪している。口論の原因となった雨宮葉月の謝罪も受け入れている。(愛想は悪いが悪いヤツじゃない)』
バスケットが好きな様で、千寿栄太と休み時間にボールを奪い合っている。6歳年上の栄太に全勝。』
算数のドリルを1日2ページ進めている(宿題か?)』
敦の独り言のような走り書きを呼んで、ザンは気持ちが少しだけ和らいだ。
そして、他の生徒の資料とカルテも読み進めて行く。
そのうちに見えて来た。
雨宮源一郎と、カナン』、東雨宮』。
その3つが、両親の死に関わり、そしてこれから何か良からぬ事をしようとしているのが。
雨宮葉月、千寿栄太、須藤歩、愛倉破愛人は東雨宮関係らしいということもうっすら分かった。
ザンは、うんざりした。このサマーキャンプに。そして星村研究所そのものの存在に。
俺は、そのままカルテを持ち出し、次の日の昼。全員の荷物に忍ばせたんだ」
ザンの言葉に敦は真っ正面からザンを睨め付ける。
何のためにそんな事したんだ」
気に入らなかった」
何が?」
なにもかもだ」
ザンは苦しげな表情のまま呟く。
歩と葉月、栄太は両親の敵である雨宮一族だ。王子もそちら側だろうと思った。蓮は俺をすっかり忘れているし、レイチェルとレイ、敦は全てを知って俺たちを監視しているように見えた」
レイチェルとレイも?」
おそらくな。ヨシュアとしての仕事の一環だったんだろう?二人は冷静だったし、たまに俺たちのことを二人で話し合っていた。今思えばスカウト対象者として見定めている感じだった。」
それでカルテを」
葉月の呟きにザンは目を伏せた。
研究所も、星村孤児院も、あのど田舎の土地も、何もかもが我慢できなかったんだ。村の連中は俺を哀れみの目で見るだけだったし、研究所の奴らは実験動物でも見るような目をしていた。」
ザンの孤独と苦しみをあらためて実感する葉月。何も言えずにその横顔を見つめていると、
で?仲間との信頼にヒビが入った感想はどうだい?」
歩が楽しそうに笑いながら聞いてくる。
敦は軽く笑いながら歩を見た。
俺は今の今まで、12年前カルテをばらまいた犯人が許せなかった。俺の人生を狂わせた張本人でもある。でも、ザンの心情は理解できる。なんせ12歳だったんだしな。それにあの事件がなければ、俺は葉月と結婚していなかった。話を聞いた今はもう、ザンを責めるつもりも、恨む気持ちもないぜ」
その言葉に、栄太が大きく頷く。
ああ。それぐらいで揺らぐような関係じゃない。俺たちはサバイバルを乗り越えて、カナンを生き抜き、こうしてここにいるんだ。友だちでも家族でもないが、大事な戦友だ」
今まで黙って聞いていた栄太がきっぱりと言う。ザンは驚いた表情で栄太と敦を見た。
歩くん同じだよ。歩くんにも、私たちは同じ気持ちなんだよ。過去の過ちはザンや歩くんだけじゃなくて、それぞれあるでしょ?私にももちろんたくさんある。何も知らずにいろんな人を傷つけたし、私の存在そのものが誰かを苦しめていたことももう分かってる」
歩は悲しそうな顔で葉月を見つめる。
だから全て水に流して手を組もうっての?」
目的のために手を組む、と考えても無理かしら?歩ちゃん、あなたならやれると思うけど。」
マリアに微笑まれて、歩はうつむいた。
確かに孤軍奮闘しているより、彼らと手を組んだ方が確実に東雨宮を潰せるだろう。それは分かる。だが、どうしても素直に受け入れることはできなかった。
歩が内心激しく葛藤していると、

理事務所目指

これ、返しそびれてたから」
葉月はザンの胸微針美容 に光るホイッスルに触れて笑った。
何をしに来た」
ザンを連れ戻しに来たに決まってるでしょ!」
俺は、戻るつもりはない」
ダダこねないで帰ろうよ。明日さえ終れば解放されるんだよ?」
ザンは何も言わずに目を伏せる。
せっかくここまで頑張って来たんだし、皆で終らせて、笑ってさよならしよう?」
言い聞かせるように葉月がザンの手を取ると、冷たい手がぎゅっと握り返して来た。
すがりつくように、小さな男の子が母親の手を握るように。

葉月はため息まじりにザンの手を引く。
管理事務所でタクシー呼んでもらって、一緒に帰ろう?そういえば、あの時もそうすればよかったね。」
管理事務所目指して歩き出したが、ザンはてこでも動かない謝偉業醫生 つもりらしい。つんのめりそうになって振り返ると、ザンが手を離した。
ザン」
行け」
一緒に」
一人で帰れ」
鋭く言い捨てられ、葉月はムッとしてザンを睨んだ。
いじけて逃げるの?そんなのザンらしくない」
いじけて逃げる?」
だってそうでしょ?じゃあなんで、わざわざ一人でこんなところに来たの?」

ザンは何も言わず足早に歩き出した。
葉月はその背中を小走りに追いかける。
ザンはどんどん森の中に進んで行き、葉月は次第に息を切らせながら着いて行くのがやっとだった。
(なんて声をかけたらいいか分からない)
卓悅Bioderma />しかし、諦めて帰ることもできない。
しばらくして、大きな木の陰を曲がったところでザンが立ち止まっていた。
どうしたの?」
息を切らせながら追いつくと、ザンは静かに振り返る。
どうしてついてくる」
だって、迎えに来たんだもん。一人で帰れないよ」

俺はネットに文

ないならもう必要ないかな?」
いや、あったほうがいい。カナンから救出された人たちの中にもラストリゾートやスウィートドリームを使われて後遺症に苦しんでいる人がいるはずだ」
さて、と。ひとまず俺は状況報告に行ってくる。で、そのままチームカナンと作戦行動に移る。栄太はチームカナンから、カナン脱出民の健康状態を引き継いでくれ。可能なら治療も。で、余裕があったら蓮を手伝ってやって。歩とレイチェルは少し休んでろよ。疲れただろ?お前もな」
言いながら部屋の鍵を渡す敦。葉月に笑いかけると、敦はさっさと出て行ってしまった。
体力のない歩は顔色が悪く、レイチェルは平然としている。
化け物並みの体力だね、君たち。僕は頭脳派だから休ませてもらうよ…」
憎まれ口を叩きながら鍵を持ってさっさと廊下に出て行ってしまった。
王子や洋司さんはどうしてるの?」
葉月がレイに問いかけると、レイは得意げに笑ってみせる。
シナリオ通りさ?王子は雨宮家にセッティングに行ってる。洋司さんと牧さんはマスコミに出す文書を作ってる」
そうなんだ…。レイは?」
俺はネットに文書をアップする手はずを整えてる。ハッキングされないように何重にもトラップしかけたり、結構難しいんだよ~?」
そうだよね。本当、さすがレイだね…」
え~嬉しいなぁ~?葉月ちゃんにほめてもらえるなんて。ご褒美は何がいいかなぁ~」
…ちょっと」
レイが葉月にしなだれかかろうとするのを、後ろから首根っこをつかんで引き戻すレイチェル。
何、邪魔しないでくれる?」
レイチェルが何か言いたげにレイを見ると、葉月は思わず吹き出した。
12年前と同じ構図だね…」
確かに…」
レイチェルの表情も緩む。
なにそれ、俺だけ覚えてないわけ~?おっもしろくないなぁ~。」
言いながらPC画面向き直るレイ。
歩とザンはさっさと自室に戻ってしまい、栄太と敦、マリアは出かけてしまう。
室内に葉月とレイチェルだけが手持ち無沙汰で残された。
…えっと、コーヒーでも入れようか?」
葉月が恐る恐るレイチェルに話しかけると、彼女は不機嫌そうにため息を付く。
私、イギリス人なんだけど?」
あ、紅茶がいいの?でも、ティーパックの安い紅茶しかないよ?あ、ルームサービス頼もうか。そしたら一流ホテルだし、ちゃんとした紅茶飲めるかも!他に食べたいものとかある?」
いい。あなたも部屋に戻ったら?」